ニゾラールの成分はケトコナゾールという抗真菌薬の一種で、イミダゾール系抗真菌薬という種類の薬になります。
真菌はカビやキノコ・酵母などの仲間で、ケトコナゾールは真菌に作用することにより増殖を抑えることが可能です。
ニゾラールにはさまざまな効果があり皮膚真菌症の治療として、例えば白癬や足白癬、体部白癬や股部白癬、皮膚カンジダ症や指間糜爛症、間擦疹や癜風、脂漏性皮膚炎などがあります。
ニゾラールは真菌によるさまざまな皮膚疾患に効果を発揮することが可能です。

ニゾラールはクリームとローションタイプがあります。
クリームとローションの使い分けに関して使用感の違いがあり、クリームは使用した部位がベトベトしますがローションは浸透するので早いので皮膚がベトベトしにくいでしょう。
頭部にクリームを使う場合は、ベトベトしてしまい、うまく患部に塗ることができないので、頭部にはローションが適しています。
浸透力にも違いがあり、ローションの方がクリームと比較すると浸透力が高く刺激が強くなります。
皮膚が角化し厚くなっているとローションが良いですが、傷口や患部がただれている部位には刺激になることがあるでしょう。
患部が乾いていないような状態ならクリームの方が適しています。

水虫の場合は白癬菌というカビが感染し発生する病気で、感染する白癬菌によっては皮膚が硬くなったり水泡ができてしまい皮膚が剥がれるなどの症状が現れます。
白癬菌は真菌の一種で抗真菌薬のニゾラールが期待できるでしょう。
ニゾラールは白癬や体部白癬・股部白癬などに対しても医療保険が適用さえることがあるので便利です。

ニゾラールは比較的に副作用が少ない薬になっており、いろいろな症状に対応することができます。
適量を患部に使用することによって効率的に治療することができるでしょう。
定期的にきちんと治療することによって確実に症状を改善することができたり、きれいな状態に戻したりすることが可能です。

ニゾラールはカンジダ治療には使われます

ニゾラールはイミダゾール系抗真菌薬という種類の薬になり、カンジダ治療にも使用することができます。
カンジダはカビの一種で人間の体のさまざまな部位に普段から存在していて、通常害がないのですが何かしらの理由によって免疫系が崩れた時に増殖したり炎症などを引き起こすことがあります。
カビの一種になるのでカンジダもニゾラールで治療することが可能です。

医療保険においてニゾラールは、外陰部などにできるようなカンジダではなく、指間糜爛症や間擦疹といった指と指の間にある皮膚の擦れる部位にできるような皮膚カンジダに対しての使用が許可されています。
脂漏性皮膚炎にも効果がありこれは頭部や顔などに起こりやすい病気で、多くフケが出たり皮膚が真っ赤になったりはがれたりするなどの症状があります。
皮脂などの分泌が活発な部分に起こりやすく、原因にはカビの一種が関係しているとされています。
カビは真菌の一種になるのでニゾラール効果が期待できるでしょう。

ニゾラールは通常1日1回で効果を得ることができる薬ですが、脂漏性皮膚炎の場合は1日2回使います。
適切に使用したり服用方法をきちんと守ることが大切です。
ニゾラールは医療用になっていて、その成分であるケトコナゾールを含む薬は市販されていません。

カビや水虫は清潔にしておけば感染しないと思っている人もいますが、意外と身近に存在していて、何かのきっかけで発症し誰にでも起こってしまう可能性のある病気です。
塗り薬で効果を発揮することがあり、副作用も少ないので気軽に治療することができるでしょう。
自己判断で治療せずに副作用や服用方法などをきちんと確認し、医師や薬剤師などに相談しながら適切な治療を行うと早く治るでしょう。